リスクなしでインド進出でき、その後の事業成長までを包括的に支援

インド開拓術とは

  • HOME »
  • インド開拓術とは

インド開拓術”とは、”リスクなくインド進出で、3年と3億円を節約し、強い海外事業の創出”を可能にする7つの力のことです。

「成果につながる7つの力」

インド開拓術では、インド進出で確実に成果を出すために、7つの力を定義しています。

インド開拓術
成果につながる7つの力
独自力目的・目標・ポジショニング
商品力ビジネスプランと価値設定
創意工夫力インド市場とインド哲学
進出力リスクなしでインド事業確立
選定力エリア設定と販路構築
交渉力契約含めたインド式交渉術
革新力イノベーションの創出

 

独自力

インド開拓術独自力インド事業を成功に導くには、”進出理由”と”目標”を明確にしておく必要があります。更に、厳しいインド市場を勝ち抜くため、多くのライバルの中で、お客様から「選ばれる理由」を明確にすることが大切です。インド開拓術では、事前にポジショニングを明確にます。

商品力

インド開拓術 商品力ポジショニングを活かした商品やビジネスプランを構築します。黒字化できていない企業の多くが、この商品やビジネスプランの創り方を間違え、負のスパイワルに陥っています。インドで必要な商品・ビジネスモデル創りを理解します。

創意工夫力

インド市場で事業を興すには、インド市場の理解とインド人への影響の与え方を理解する必要があります。特に、インドの重要な精神・考え方であるJUGAADを理解することは非常に大切です。インド開拓術では、JUGAADの理解に加え、事業への活かし方を身に付けます。

進出力

インド開拓術進出力インド進出には、ECビジネス、駐在員事務所設立、支店開設、法人を独資か合併で作るなど、さまざまな方法があります。一方で、商売が難しいインド市場だからこそ、失敗しないために取るべき進出方法があります。インド開拓術ではリスクなくし、事業に合わせた最も効果的・効率的なインド進出を実現します。

選定力

インド開拓術選定力インドには、多様な宗教、言語、文化、気候などが存在し複雑に絡み合っています。北部と南部には大きな違いがあり、州別にも様々な違いが存在する。このため、インド開拓時は、自身のビジネスプランを踏まえながら進出エリアとチャネルを適切に選定する必要があります。

交渉力

インドでの交渉は世界でも特に難しく手間がかかると言われています。
確かに、今まで欧米・アジア・中東などの国々と契約交渉をしてきまし
たが、
インド人には、交渉好きのタフネゴシエーターが多いです。
インド開拓術では、インド人と契約交渉力する上で必要な力を身に付けます。

革新力

インドは、環境変化が速く、短期で市場が変化します。更に消費者も厳しく、競合も激しい市場です。この市場で勝ち抜くには、いかに“WOW value”を見出し、拡販可能なソリューションを提供できるかがキーになってきます。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6868-7068 受付時間9:00-18:00(土日祝日除く)

PAGETOP
Copyright © パイオニアブレイン All Rights Reserved.