はじめまして!

インド進出コンサルタントで中小企業診断士の児玉尚樹です。日本の中小企業の方が、海外進出を薦める理由、その中でもインド進出する魅力をお伝えいたします。

[1]日本企業が海外進出すべき理由
まず、日本企業が海外進出すべき理由として、以下の3つが挙げられます。
1. マーケット拡大。
最初の理由として、海外進出による経済圏の拡大です。社会保障・人口問題研究所中位推計では、少子高齢化により日本の人口は2030年までに1億1,700万人(約10%減)になり、2050年には9,700万人(約25 %減)を割り込むと予測されています。これにより、労働人口は減り、使うお金も減るため、国内市場(内需)は縮小する予測です。この対策として、海外市場がある。とりわけ、取引先の海外進出に合わせて進出される企業様も多いと思います。

2. 生産コストの削減
生産拠点をアジアなどに移すだけで、人件費や材料費などのコストが削減できる。

3.優遇税制などによる恩恵享受

ASEANやFTAなどでの税優遇が受けられます。